純福音の信仰

純福音とは

「純福音」とは、新しい福音や理論ではなく、聖書に記されている御言葉をあるがまま受け入れる純粋な福音です。「純福音」は聖書の御言葉をどのようにすれば神様の本来の意図通りに理解し、生活に適用できるのかについて関心を集中しています。すなわち、神様の御言葉をあるがまま信じて行うことによって、福音の純粋性を保持して、その力を回復させようとするものです。

「純福音」の意味

「純福音」は英語‘Full Gospel’の翻訳です。‘Full Gospel’は「充満な福音」で、神様を中心とする主義、つまり神本主義に立脚して聖書全体の内容をそのまま(Fully)すべて(Totally)信じ受け入れる、ペンテコステに降臨された聖霊に満たされる福音を内容としています。ですから、純福音の信仰とは、イエス・キリストの十字架のあがないの結果として与えられた霊の救いだけではなく、肉体の病からの癒しと生活の呪いからの解放など、すべてを含む全人的な救いの福音を強調する、純粋な福音主義信仰を意味しています。

純福音の七大信仰

ガルバリの十字架信仰

純福音の信仰は、イエス・キリストが私たちのため血を流して死なれたこと、そしてよみがえられたことによる救いを信じて受け入れることによって得られる、新生の福音にあるガルバリの十字架信仰です。このガルバリの十字架信仰は、福音の中心で、純福音信仰の基層であり、出発点です。

ペンテコステ聖霊充満の信仰

純福音の信仰は聖霊に満ちた初代教会の信仰を、今を生きる私たちの信仰生活に再現しようとする信仰です。

地の果てまで宣べ伝える信仰

イエス様の十字架の贖あがないを通して生まれ変わり、聖霊の力を十分に受けた聖徒は、自然に自分が体験した福音を他の人に伝える信仰を持つようになって成長していきます。

善き神様を信じる信仰

純福音の信仰は、このように私たちに救いと祝福を与えてくださる神様は、いつでもすべてのことにおいて善き神様、愛の神様でおられることを信じる信仰です。

病を背負われたイエス様を信じる信仰

純福音の信仰は、イエス様が私たちの罪だけではなく、病もあがなってくださったことと、その恵みを今も与えてくださっていることを確信し、これを実践する信仰です。

再臨するイエス様を信じる信仰

純福音の信仰は、聖書に記されている新天新地と永遠の国を望み、現在を生きる間、最善を尽くして主に仕えようとする終末論的信仰です。

分け与える信仰

分け与える信仰とは、神様から受け取った祝福をまず神様に捧げ、また隣人に分け与え、救済する信仰を言います。

  • TOP
  • 純福音とは