純福音の信仰

四次元の霊性

三次元の人生、四次元の霊性

人は立体的な、つまり、三次元的な存在です。一次元が二次元の中に属すように、三次元ができる瞬間、三次元は四次元の中に取り込まれそこに属します。四次元の霊的な存在である神様は人を三次元の世界に造られました。ですから、神様を信じる人も信じない人も、だれでも人は四次元の世界にも属しているのです。そして、人はみな神様に似せて造られているので、四次元に属していることを認識することができます。例えば、一般的に人は時間の永遠性を感じたり、宇宙の無限性に思いをはせたり、目に見えない世界に思いを抱くことができます。
人が四次元の世界に属していることを認識できるならば、三次元の世界で活動しているのと同じく、四次元の世界でも活動することができます。もちろん、霊的世界での活動ですからその活動を目で見ることはできませんが、気づいてみれば、これらの活動は人がみな、日常に行っていることです。これらを人の「四次元の霊性」と呼ぶことができます。

四次元の霊性の四つの要素

四次元の霊性には「考え、信仰、夢、言葉」という四つの要素があります。これらが三次元のものにすぎないと間違って認識し用いていると、願う方向に行かないさまよう人生を歩むことになってしまします。これらはみな、目に見えないものなので三次元では捕えられず、四次元においてのみ現われるものです。これらを正しく認識し用いるとき、私たちの人生が変わります。つまり、四次元(考え、信仰、夢、言葉)を変えれば三次元が変わるのです。

考え

四次元の世界でどのように考えるかによって、三次元にその結果が反映されます。考えが否定的な人には三次元で否定的なことが生じます。頭の中で「私はもう駄目だ。私はできない。私は不幸で悲しい」という考えを持っていると、結果的に、三次元である体や生活、事業にそのまま現われるようになるのです。
一方で、何でも肯定的に考える人には、いつも三次元で肯定的なことが起きます。「私は健康だ。私はうまくできる。私は幸せだ。」という考えが、三次元に影響を及ぼすからです。
そして、気をつけなればならないのは、四次元の世界では、「私」と「あなた」の区別がないことです。霊の世界ですから、あるのはメッセージのみです。例えば、誰かを憎むと決め、復讐することを考えていれば、直ちに自分の人生に憎しみと復讐の影響が及んできます。ですから他人を憎むと自分が先に傷つくのです。また、あの人が完全に潰れればいいなどと考えると、四次元では「完全に潰れればいい」とのメッセージが送られ、三次元で自分が先に潰れ始めるのです。
ですから、人に対しても、自分に対しても、何に対しても否定的な考えを持ってはいけません。否定的な考えはばっさり捨て、肯定的な考えに代えましょう。

信仰

信仰は、四次元の世界を通して三次元を変えられる非常に強い力です。聖書にも「あなたの信じたとおりになるように」(マタイ8:13)、また「もしできれば、と言うのか。信ずる者には、どんな事でもできる。」(マルコ9:23)とあります。
では、信仰はどこから出てくるのでしょうか。だれでも信念はもっています。例えば、自分は明日も生きていると信じていることも一種の信念です。しかし、信念には根拠がないのです。今までもそうだったから、というくらいの理由しか見つからず、この根拠は三次元に基づいているのです。信仰は、漢字の通り「信じて仰ぐ」ことです。三次元を見て信じるのではなく、四次元におられる神様を根拠に信じて仰ぎ見るのです。神様はイエス・キリストによる救いを与えてくださり、そのことを信じる人たちに霊的に新しく生きられるように聖霊様を送ってくださいました。(『五重の福音』を参照してください。)聖霊様による信仰を持ってこそ、三次元の世界を動かすことができるのです。
ですから、信仰はあってもなくても良いものではなく、なくてはならない絶対的なものです。「私を救ってくださったイエス様を信じます。」「イエス様の血潮によって罪が赦されたことを信じます。」「聖霊様が来られ、私を聖くしてくださったことを信じます。」「病が癒されたことを信じます。」「祝福されたことを信じます。」と信じて告白すれば、私たちの人生が信仰でプログラミングされることになります。プログラミングが変わったので、私たちの人生は必ず変わっていくのです。

夢は三次元の世界に希望をもたらすものです。神様を信じる人も信じない人も、夢をあきらめない人が世界を変えていくことを私たちは知っています。漠然と思うだけではなく、見えない世界で自由に具体的に描く夢が、その人の人生をプログラミングし導くのです。言い換えれば、人生は四次元の夢でプログラミングされていないと、三次元で希望がないのです。しかし、夢は夢でも、それが個人的な欲望や誤った貪欲から来ていると、サタンの影響を受けた夢ということができます。そして、そのような夢では、一時は素晴らしくても最終的には破滅へ至る人生とプログラミングされてしまいます。
ですから、聖霊様を通して聖められた心に描かれる夢を持ちましょう。現実がいくら困難で状況で、その心に夢があるならその夢は三次元を支配し、状況を変化させます。四次元の夢は三次元の夢を開花させます。正しい夢でプログラミングすれば、死はいのちに、無秩序は秩序に、暗闇は光に、貧困は富裕に書き換えられ、人生は変わり始めるのです。変化は四次元の世界からくるものだからです。

言葉

この世界で人だけが言葉を持っているということは、人の四次元的特性を最もよく表しています。人は言葉が使えるので、文明を築き発展させることができるのです。どんなに力が強くてどうもうな動物であっても、文明を作り発展させることはできません。
言葉を聞けばその人の人生がある程度わかると言われます。成功する人は、すでに願いはかなったと言いますが、失敗する人は、何もしていないうちから失敗を口にします。四次元では「ダメだ」と言っておきながら三次元での成功を期待するのは、当然間違っています。否定的な言葉は、四次元の世界で自分を否定的にプログラミングするようになります。他の人をさばき、批判し、悪口を言う人は、自分の人生にさばき、批判、悪口を招くようになるのです。ですから、どんな言葉を話すかは非常に重要なことなのです。
神様は、聖書のみことばによって私たちが変化できるように導いてくださいます。神様のみことばは霊であり命です。そのみことばを暗唱し口にすることは、私たち自身の四次元に最も効果的なプログラムを組むことになります。そのようにして神様のみことばに頼って生きていく人は、生活すべてが変化し奇跡を体験するようになります。牧師が講壇で神様のみことばを宣言するということは、人々の四次元を揺さぶる非常に強い力となります。
あなたもこの奇跡のみわざの主人公となれるのです。決して遅くはありません。

  • TOP
  • 四次元の霊性